ページビューの合計

2016年11月4日金曜日

神奈川古書組合の古書の日イベント。いよいよ今週末。

「来月の催事は熊本のチャリティーでやりませんか。」

あたくし自身は、何か故郷に恩返しができることがないかなと漠然と考えていて、このアイデアを考え付いたのも、実は半年くらい前の話。

組合に入って日が浅いこともあり、「組合で何かできませんか。」などとはなかなか言い出しにくい感じではありました。

が、たまたまこの10月11月はベテランの皆様が他の催事に出ている都合で、組合で行う通常の催事に関しては休会するとの話。

話を聞きつけた刹那、「他の催事に出ない人で組合の催事やらせてくれないですかね。」とお願いしたところ、「いいよ。若いので好きにやってみなよ。」とのご返事。

ここしかない。というタイミングです。

そしてメンバーを集め、打ち合わせの席上、冒頭の「来月の催事は熊本のチャリティーでやりませんか。」につながった次第です。

10月の催事に関しては、ある程度の結果を出すことができました。

売り上げというより、集客ができたという点で成果が出たと思います。

その良かった点をより充実させ、出店数・出品数も増やしての今週末の催事です。

もっとやれたであろう事やうまくいかなかった事など、反省点もすでに出てはいますが、とりあえず、週末に向けてやれることをやるだけです。

「お客様いっぱい来てくれるといいな。」となかなか寝付けずに、この文書を書いてます。