ページビューの合計

2015年5月1日金曜日

いろんな意味で運命を変えた1冊

昨日のブログで、この業界に入る際にいろいろな本を読んで勉強した事を記載しましたが、

間違いなく1冊目がこの本。


吉本康永著 大金持ちも驚いた105円という大金 救われたローン人生


私自身、最初から古本屋になろうと思っていたわけではありません。

必要にかられ、本をアマゾンマーケットプレイスで売ることになったのですが、

(そこらへんの詳しい理由については、神奈川県古書組合のブログに記載してありますので、お時間がある方はご覧になってみてください。神奈川県古書組合)

その際に、先人たちのブログをいろいろ拝見いたしました。

その中で特に面白かったブログが、この本の著者、吉本康永さんのブログ

「たそがれ親父のせどりノート」。

(残念ながら、数年前に吉本さんが急に他界してしまい、ブログも更新されずそのままの状態だったのですが、最近閉鎖されてしまい、現在は見られません。)

ブログが面白かったのでいつも拝見していると、ご本人はブログの中であまり宣伝していなかったのですが、この本を出版していること知り、すぐにアマゾンに発注いたしました。

この吉本さん、元予備校教師という肩書ですが、その他にも多数著作があるもの書き。

自分の体験談を面白おかしく紹介していて、最後まで一気に通読。

ブックオフの100円コーナーで、価値があるのに安く売られている本を買ってきて、アマゾンやヤフオクなどで販売する、「せどり」という手法のあれこれを、この本で勉強したような気がします。

古本屋となったいま、せどりすることもなくなりましたが、、この本はいまだに目を通す1冊です。




香博堂オンラインでは、皆様のご自宅に眠る本の買取をおこなっております。
ご利用の機会がございましたら、こちらの香博堂買取ページからお願いします。